出産によって得る事の出来る給付金




子どもと向き合う初めての作業と言うのが妊娠・出産と言えます。それらの国から支給される補助金としては次のとおりです。

出産手当・・・出産前42日から産後56日目までの範囲内で会社を休んだ期間について支給されます。基本的に標準報酬額の2/3×休暇分が支給される。ただし、会社からこれ以上の多い報酬をもらうことがあれば、支給はされない。
≪手続き場所≫社会保険事務所か所属の会社で申請

出産育児一時金・・・妊娠4ヶ月以上を経過して出産をした場合に42万円支給される。産科医療補償制度に加入していない医療機関だと39万円となる。しかも双子の場合はその倍になるので、見落とさないようにしてほしい。
≪手続き場所≫社会保険事務所や会社で申請を行う。手続き内容によっては直接支給などもおこなっていたり、医療機関に支払われるので、差額が生じた分だけ支払う事で済む。




失業給付金・・・離職した日の翌日から最長1年間で、妊娠、出産などで30日以上働く事ができなくなった時には、その日数分だけ最長3年間需給期間を延長して受ける事が出来る。(最長合計4年間)雇用保険を6ヶ月以上加入していることが前提。
≪最寄りの管轄のハローワーク≫


株主優待制度