国から補助されるのは決して恥ずかしくはありません




子どもを成人まで育てるにはいくらくらいの費用がかかるのかという疑問てありますよね?それは大学卒業までの費用としたら、一般的にひとりあたり2,000万円くらいはかかると言われています。恵まれた家庭でそういった費用を気にすることなく育つところは良いですが、基本的に日本の経済の縮図と同じように一般サラリーマンと言われる500万円を稼ぐ世帯以上の層は数パーセントと言われているので、それだけに費用を気にせざるを得ないところがほとんどであると思われる。

どうせなら、子どもに不自由なく暮らしてもらいたいと思うのですが、親の愛情だけでは育つ事は無理です。しっかりとした経済的な背景もしっかりと備えなくてはなりません。

しかし、それがままならない世帯であれば次のような行政の補助金、支援策を活用することで少しでも家計の足しになるかと思われます。そういった国や自治体などから支給される補助金を紹介します。


株主優待制度